2015年12月30日水曜日

今年も1年ありがとうございました。

今年も1年ありがとうございました。

2015年12月23日水曜日

道明寺天満宮例祭(梅花祭)2016

菅原道真公の命日である2月25日に、道明寺天満宮で例大祭が行われます。この時期に見頃となる美しい梅の花が供えられることから、「梅花祭」とも呼ばれます。毎月25日に行われている骨董市も開催されます。
所在地:〒583-0012大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
開催期間:2016年2月25日10:00~
交通アクセス:近鉄道明寺線「道明寺駅」から徒歩3分
主催:道明寺天満宮
料金:無料
問合せ先:道明寺天満宮072-953-2525
http://www.domyojitenmangu.com/

道明寺天満宮梅まつり2016

道明寺天満宮境内の梅の見頃にあわせて「梅まつり」が開催されます。宝物館で菅公遺品の特別公開(入館有料)が実施されるほか、詩吟や子供獅子舞をはじめ、神道夢想流杖術、合気道、歌謡曲など各種奉納行事が行われます。境内には野点席(有料)も設けられます。※奉納行事、野点席などは、期間中の土日曜に実施されます(日時はご確認ください)。
所在地:〒583-0012大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
開催期間:2016年2月10日~3月13日9:00~17:00
交通アクセス:近鉄道明寺線「道明寺駅」から徒歩3分
主催:道明寺天満宮
料金:無料(梅園の拝観は有料/大人300円、中学生以下無料)
問合せ先:道明寺天満宮072-953-2525
http://www.domyojitenmangu.com/

万博記念公園梅まつり2016

約144品種約680本の梅が植えられている万博記念公園で、見頃にあわせて「梅まつり」が開催されます。日本庭園にある茶室「汎庵・万里庵」の特別公開や、アーティストによるミニコンサートも予定されています。※公共交通機関での来園をお勧めします。
所在地:〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園
開催期間:2016年2月20日~3月30日(予定)9:30~16:30(17:00閉園)※休園日は毎週水曜(祝休日の場合は翌日)
開催場所:万博記念公園自然文化園梅林・水車茶屋、日本庭園梅林
交通アクセス:大阪モノレール「公園東口駅」から徒歩15分
主催:大阪府
料金:無料※入園料が必要/大人250円、中小生70円
問合せ先:万博記念公園総合案内所06-6877-7387
http://www.expo70-park.jp/

2015年12月16日水曜日

金熊寺梅林開園2016

「大阪みどりの百選」に選ばれている金熊寺梅林が開園し、約270年前から栽培されている白梅を中心とした花が楽しめます。例年2月中旬から3月中旬にかけて見頃を迎え、隣地の盆梅庭園も見事で、梅林とはまた違った風情が味わえます。2月下旬から3月上旬に、ひょうたん展示会も行われます。
所在地:〒590-0514大阪府泉南市信達金熊寺地区
開催期間:2016年2月中旬~3月中旬10:00~16:00頃
開催場所:金熊寺梅林
交通アクセス:JR阪和線「和泉砂川駅」から山方面回りのコミュニティバス「金熊寺」~徒歩5分
問合せ先:泉南市産業観光課072-483-8191

荒山公園の梅林2016

荒山公園には、北西部の園路沿いや芝生の傾斜地に約2万7000平方mにおよぶ梅林があり、例年2月中旬になると、「白加賀」などの白梅、「鹿児島紅梅」などの紅梅をはじめ、淡紅梅の「八重豊後」など、50種約1400本が見頃となります。昭和59年から2年がかりで植栽され、現在では樹高約1.5~4mに成長した見応えのある梅林が広がります。※梅の見頃は気候によって変動します。
所在地:〒590-0101大阪府堺市南区宮山台2丁3
開催期間:2016年2月中旬~3月上旬
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」北口から南海バス「宮山台2丁」下車
問合せ先:堺市公園緑地部泉ヶ丘公園事務所072-291-1800

枚岡梅林の梅2016

枚岡公園の梅林では、紅白あわせて約30品種350本の早咲から遅咲までの梅が、例年1月より咲き始め、2月中旬から3月中旬にかけて見頃を迎えます。公園は、生駒山系の山麓に位置する額田山と枚岡山にまたがって広がり、香り高い清楚な花が春の訪れを知らせます。一度に全部の花を見ることはできませんが、長く楽しめるのがこの梅林の魅力です。※駐車場はありません
所在地:〒579-8032大阪府東大阪市東豊浦町12-12
開催期間:2016年2月中旬~3月中旬
開催場所:枚岡公園梅林
交通アクセス:梅林まで/近鉄奈良線「枚岡駅」から徒歩6分、額田展望台まで/近鉄奈良線「額田駅」から徒歩26分
料金:無料
問合せ先:枚岡公園管理事務所072-981-2516

2015年12月9日水曜日

てんま天神梅まつり2016

大阪天満宮で梅の見頃にあわせて、「てんま天神梅まつり」が開催されます。書院造百畳敷の参集殿では「盆梅と盆石展」が行われ、盆梅の古木や銘木、和歌山県みなべ出土の盆石が展示されます。境内にはオープンカフェや梅酒市が登場するほか、さまざまな催しもあります。
所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
開催期間:2016年2月11日~3月13日盆梅と盆石展/9:30~16:00
交通アクセス:東西線「大阪天満宮駅」から徒歩3分
料金:拝観料が必要/大人500円、小人(小学生以下)300円、幼児無料
問合せ先:大阪天満宮06-6353-0025
http://www.tenjinsan.com/

春を告げる盆梅展2016

四季折々の花が約10haの広大な敷地内に咲き誇る大阪府立花の文化園では、130品種約300本の梅が見頃となるのにあわせて、盆梅の装飾と展示が行われます。明るい花の色とほのかな梅の香りから、ひと足早い春の訪れが感じられます。
所在地:〒586-0036大阪府河内長野市高向2292-1
開催期間:2016年2月2日~14日10:00~17:00(入園は16:00まで)※休園日は毎週月曜(祝休日の場合は翌日)
交通アクセス:南海高野線「河内長野駅」から「高向行」「滝畑ダム行」の南海バス「上高向」~徒歩15分または「奥河内くろまろの郷」~徒歩10分
主催:大阪府立花の文化園
料金:観覧無料※入園料が必要/大人500円、高校生300円、中学生以下無料
問合せ先:大阪府立花の文化園0721-63-8739
http://fululu.jp

薬草の博物誌-森野旧薬園と江戸の植物図譜-2015

健康志向が高まる中、近年、ますます注目を浴びている漢方薬。その材料となる「薬草」に焦点をあてた展覧会が、LIXILギャラリー(大阪)で開催されます。日本最古の私設薬草園「森野旧薬園」を開設した江戸時代中期の本草家、賽郭(さいかく)こと藤助通貞(とうすけみちさだ)が、晩年に完成させた『松山本草』は、約1000種もの動植物の姿を、自然科学的な観察眼で色鮮やかに描いたもので、江戸時代に発展した本草学が、いかに多くの人々の関心を集めたかを物語ります。それを裏付けるかのように、当時、この他にも多くの本草書や図譜が出版されました。同展覧会は、江戸の初期から後期のみならず、本草学が近代植物学へ移行する時期までに描かれた主要な植物図譜の変遷が、約90点の実資料をはじめ、写真、映像などで展観できる機会となっています。
所在地:〒530-0011大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪南館タワーA12階
開催期間:2015年12月4日~2016年2月16日10:00~17:00※休館日は毎週水曜、12月29日~1月6日
交通アクセス:JR「大阪駅」中央北口2階連絡デッキから直結
料金:無料
問合せ先:LIXILギャラリー(大阪)06-6733-1790
http://www1.lixil.co.jp/gallery/

2015年12月8日火曜日

大阪城公園梅林2016

大阪城公園にある約1.7haの梅林は、交通アクセスがよいことから大阪市内随一の観梅スポットとなっています。シラカガやブンゴ、カンコウバイなど、約100種1270本の梅が植えられ、例年2月上旬から3月下旬に見頃を迎えます。※梅林まで/大阪城公園駅から徒歩15分、森ノ宮駅から徒歩15分
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城
開催期間:2016年2月上旬~3月下旬
交通アクセス:JR大阪環状線「大阪城公園駅」または「森ノ宮駅」からすぐ、または地下鉄中央線「森ノ宮駅」からすぐ、または長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」からすぐ、または地下鉄谷町線「天満橋駅」・「谷町四丁目駅」・地下鉄中央線「谷町四丁目駅」から徒歩10分
料金:園内散策自由
問合せ先:大阪市パークセンター06-6755-41469:00~17:30
http://osakacastlepark.jp/